レスポワール クリスマスコンサート その1

2011-12-27

あっという間に発表会の日が来たと思ったら、もう終わって2日も経ってしまいました。

とにかく無事に終わって良かったです。

寒い日でしたがお天気だけは良かった。ホワイトクリスマスもステキだけどやっぱり出かけるには雪は大変ですものね。

9時からの会場準備に合わせて8時半前に、荷物運びを手伝ってくれる高校2年生の翔君と出発。

その前に3日前から熱を出していた小2の明ちゃんに電話したら、熱は下がったということで一安心でした。

よし、今日は全員出られる、と思った矢先、車の中で携帯が。同じく小2の千絢ちゃんが昨日突然熱を出し、今日もまだ7度5分あるとお母様からの連絡でした。本人は出るつもりでいるので本番だけ行きますとのこと、私もプログラムの最後の方に予定していたお母様との連弾をソロの次に変えましょうと。

さて9時に劇場事務室で楽屋の鍵をいただくとすぐに舞台へ。もうちゃんとピアノをセッティングしてくれていました。ピアノはスタインウエイのフルコン。歌のソロがあったり、ハンドベルがあったりなので普通より少し奥に置いてもらいます。

それからすぐお花屋さんが来てくれて舞台中央にお花をアレンジし始めます。

早速私が自分のソロの「愛の夢」を1回弾かせてもらうと、もうパラパラと小さい子が集まってきました。

来た順に一人3分を目安にリハーサルです。ソロと連弾と、初めての子はお辞儀の場所も。

小さい子は心配してません。本番が一番良かったり、止まってもどうにかなるから。

でも大人はリハーサルで、もう舞い上がっている様子。もっとピアノを触らせてあげたいけど、あとは楽屋の練習ピアノで我慢してもらうしかありません。

一通り全員弾き終わると、今回初のハンドベルの練習。個別にはレッスンのときにしていたけど全員一緒は初めてです。

立つ位置を確認しながら2回練習。たまに忘れる子もいるけど、1つの音に3人いるからどうにかなるでしょう、という感じでした。

それが終わると、すぐ集合写真を撮りました。

本番だけと言っていた、千絢ちゃんもリハーサルできました。それから本人が最後のハンドベルをやりたいと熱望したためお母様は倒れるんじゃないかと心配なさってましたが、プログラムの変更なしで始めることにしました。次の日から冬休みだし、せっかく楽しみにしていたんだからね。

さあ開演まであと20分。あわてて母が作ってきてくれたおにぎりを一個食べるともう1ベルが鳴ります。

友人が開演前の影アナをしてくれてるところ、舞台袖へ。


 

 

 

 

 


コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2021 レスポワールピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com