9月, 2017年

ワイン街道

2017-09-30

講習が終わった次の日にはプラハからコンサートを聴きにきてくれた友人と共に、フランス国境に近いRorhbachに移動。

ここは雪豊が大学に通っている間下宿をしていたところで、今回私達5人で押し掛けたにもかかわらず快く泊めてくださいました。

お部屋もきれいに設えて、暖かいおもてなし。


もともとご主人がパン屋さんをしていたそうですが、亡くなったあとはお店を貸しているそうです。

そしてFrau Wiallonはヨガの先生。自宅にスタジオがあります。

さてドイツのこの地方「ワイン街道」と呼ばれ美味しいワインの産地です。


葡萄畑が続いています。

そしてこの時期は葡萄を搾って新しいワインを仕込むので、あちこちの村でワイン祭りが…


道路端では絞りたてのワインを飲ませてくれます。


この地方の名物、薄い生地のピザのようなもの、美味しいワインと共にいただきました。

そしてやはりこの日の最後はアイス。

何でもビッグサイズのドイツ、アイスも例外ではありません。
テーブルに置かれたときは恐れをなしたけど、皆完食。


ドイツでの講習会

2017-09-16

久しぶりの更新ですね。

ドイツでの2週間はあっという間に終わり、先週の土曜日無事に帰国しました。

今回の講習会場はニュールンベルクから電車で3時間ほどのところ、Bad Stebenという温泉町。

本来なら毎年RichtenbergにあるこのHaus
Marteauで行われていますが


拡張工事に伴い今年は閉鎖されているそうです。

もともとこの講習に毎年アシスタントとして参加している台湾の友人雪豊から、「とっても素敵でいいところだし、Prof.Sischkaのアンサンブルのレッスンもすごく勉強になるから是非」との誘いを受けて行くことを決めたのですが、私達が参加を決めてから雪豊も会場が違うと知ったそうで、ちょっと残念でした。

今回はすべて雪豊がアレンジしてくれたので、彼女が常宿にしているRichtenbergのアパートを予約してくれました。



ベランダの付いた広いお庭のある本当に気持ちのよいところ。

もっとも講習中はベランダでお茶なんていう暇はまったくなく、毎日朝8時半~夜9時まで、練習→レッスン→練習→ランチ→練習→お茶→練習の繰り返し。

講習最終日のコンサートで2台8手の「カルメン幻想曲」をやろうと雪豊から誘われていたのに、出発の2週間前に発表会を済ませたばかりでかなりの準備不足だった私は向こうで必死に練習してました💦

コンサートの終わったあとは参加者全員で食事へ。

話が尽きずお店を出たのは夜中の2時、大変だったけど充実した楽しい講習会でした。

その後の旅行などはまた追々アップしたいと思います。


Copyright© 2011-2018 レスポワールピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com