ピアノ先生ブログ

お花の季節

2017-05-13

  1. どこのお宅も今お花がきれいですね。
    そろそろバラが咲き始めて、丹精こめて手入れなさっているお宅では楽しみな季節となりました。

家でたった1本ある四季咲きのバラ。

一年中何となく咲いてくれていますが、今の季節が一番色がきれいなような気がします。

こちらの紅いバラはお隣の塀に可愛く咲いていたので貰ってきました。

この矢車草もお隣の門の外にたくさん咲いています。

野ばらは今が盛り。

何年も前にもらって今年初めて花が咲いたと母が喜んでいました。
蘭の一種ですね。


毎年紫のお花たくさん咲いてくれます。

今日の土曜日、あいにくのお天気ですが、雨が上がればまた一層生き生きとしたお花が見られますね。


久しぶりの観劇

2017-05-02

緑があっという間に茂り、陽射しが眩しい季節になりました。

明日からゴールデンウィーク後半、皆様どのようにお過ごしですか?

ゴールデンウィーク初日の29日は渋谷のシアターコクーンで大竹しのぶさん主演の「フェードル」を観てきました。

お芝居なんて何年振りでしょう?

ラ・シーヌの「フェードル」は確か何年か前に読んだことがあると本棚を隈なく探したのですが見つかりませんでした。

筋はとっくに忘れてしまっているのでもう一回読み直したかったのですけど・・・。

この劇とにかくセリフが多い。

それを2時間10分休みなしで、しかもこの日は昼と夜との2回公演ですから役者さんたちアスリート並みの体力ですね。

お芝居自体ものすごく面白かったのですが、なんといっても大竹しのぶさんが圧倒的に凄かった。

セリフの言い回しや声の抑揚、強弱等々、とても弱い声でもちゃんとホール中響き渡り、これは音楽で言えば一流の演奏家がピアニッシモでもきれいに響かせられることと全く同じだなぁと感心しました。

もい一度観たい良い舞台でした。


久しぶりの山梨

2017-04-22

先日山梨の甲府に住む大叔母を訪ねました。

大叔母の家のすぐそばから富士山がこんな近くに見えます。

甲府も季節の進み具合はほとんどさいたまと同じようで、桜がそろそろ終わりでハナミズキがきれいでした。

 

ミレーの絵で有名な山梨県立美術館

特別展は「バロックの巨匠たち」

ルーベンス、レンブラント、ベラスケス、ムリリョ、ヴェロネーゼetc.見応えのある絵がいっぱい。
そしてカフェではこんな楽しいラテが。

ミレーの「種まくひと」(^o^)

美しいものをたくさん見られた1日でした。


全国大会出場おめでとう!

2017-04-16

先日3月25日に行われた第26回グレンツェンピアノコンクール関東地区大会に出場した小学3年生のYくん、成績優秀だったので全国大会に出場できることになりました。

全国大会は6月25日、同じく浜離宮朝日ホールにて開催されます。

コンクールの課題曲に8月の発表会の曲、やることがいっぱいで大変だけど、また美しくスタインウェイのピアノを響かせることができるように頑張りましょうね。


U.N.オーエンは彼女なのか?

2017-04-10

まるでミステリー小説の題名のようですが、曲なんです。

たぶん私と同世代以上の方々は??という感じですよね?

2月にお願いした個人面談の折でした。

中2(現中3)のHくんのお母様にお家での練習の様子をうかがったところ、何やらたくさん弾いてはいるがこちらで出された曲は殆んど練習していないのでは?とのこと。

それではいったい何を?とその場にいたHくんに聞いてみると、お母様に促されて弾いてくれたのがこの曲です。

なるほど、和音やオクターブが多く音域もかなり広く、しかも凄く速い!
これはかなり練習してますね。

しかもいつものレッスンのときとは全然様子が違い、真剣で生き生きと弾いている姿に私はビックリです(笑)
と同時に難しいゲーム音楽を自分で譜読みしてこんなに上手に弾けるようになったHくんの成長に感動しました。

小1から真面目にレッスンに通って音楽の基礎をしっかり勉強してきたHくん、自分が弾きたいと思った曲を弾けるのは幸せですね。

そうか、ゲームが好きとは聞いていたけど、こういうのが良かったんだ~。

今度の夏の発表会の曲はこれに決定です。

やっぱり面談必要ですね。(^.^)


Copyright© 2011-2021 レスポワールピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com